Clinical Physiology 日本臨床生理学会

 新理事長の三宅良彦です。本ホームページにおいて就任のご挨拶を申し上げます。

 谷口興一・前理事長が平成24年11月に急逝されましたこと、謹んで哀悼の意を表します。逝去後、理事会において理事長に推挙され、平成24年12月15日付で理事長を拝命致しました。

 日本臨床生理学会The Japanese Society of Clinical Physiology(JSCP)は、昭和45年4月、第1回脈波研究会(吉村正治会長)を出発点とし、昭和52年には日本脈波学会と改称されるとともに、新たに臨床生理研究会が発足となりました。そして昭和56年11月に日本脈波学会と臨床生理研究会が統合され、日本臨床生理学会としてスタートし、現在まで40年を超す活動を続けており、会員数も900名を超えております。

 本学会は単一領域の医学・医療専門家による専門学術集会ではなく、様々な専門家が臨床生理や病態などを広くかつ深く、また学際的に考察することを目的とした学会であります。討議機会の少ない異領域の専門家たちが集い、発表や意見交換を通して臨床や研究に新風を吹き込むことを目的としております。

 故吉村正治先生、故谷口興一先生始め、諸先輩が築かれ発展させてこられた本学会をさらに充実させるため、全力投球する所存ですので、本学会員諸氏はもちろんのこと、関係者の方にもご支援、ご鞭撻を賜りたいと思います。また新しい会員がより多く誕生し、ともに研鑽を積みたいと希望しております。

 

三宅良彦